FANDOM


この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
シーズン2第1話「王の乱立」についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!


「王の乱立」はシーズン2の第一話。

あらすじ編集

王となったジョフリーは、命名式を行いそれを祝う闘技大会を開いていた。しかし、王となったばかりのジョフリーは権力を思うままに振りかざし周囲を不安させてしまう。サーセイは会議では夏が終わったことを知る。そこへティリオンが現れ自分がタイウィンが戦場に居る間、王の手の代理に任命されたと告げる。
ウィンターフェルでは王となったロブが不在の中、ブランが領内の相談事を聞く任務を代行していた。そんな中、空には彗星が現れていた。それはドラゴンが現れたことを意味すると告げられる。
その生まれたばかりのドラゴンを連れたデナーリスとドスラクの民は安全な土地を探し東へと放浪の旅をしていたが飢えに苦しみ危機的な状況に陥っていた。
ジョン・スノウは壁を越え、クラスターの家に来ていた。クラスターによるとかつて冥夜の守人だったマンス・レイダーが野人たちを率いて軍隊を作っているという。
ロバートの弟、スタニスは七神正教からメリサンドルの仕える光の王に改宗したが、スタニスの側近たちはメリサンドルを怪しんでいた。改宗したスタニスはジョフリーに代わり王位を狙うべく戦の準備を始める。


登場人物編集

(あなたの編集待ってます!)

場所編集

(あなたの編集待ってます!)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki