FANDOM


この記事は手直しを必要としています!

この記事には改善できる箇所があります。訂正・追加すべきところを発見したら、編集をクリックして、あなたの力で記事をあるべき形へと導いてください!



ロベット・グラヴァーはシーズン6に登場する人物で、ティム・マッキナリーが演じる。初登場は「The Broken Man」。

人物編集

ロベットはディープウッド・モットの城主であるガルバート・グラヴァーの弟であり、〈五王の戦い〉で兄が死んだ後は城主を引き継ぐ。

経歴編集

シーズン6編集

ジョン・スノウサンサ・スタークダヴォス・シーワースボルトン家との戦いへの参戦を求めるためにディープウッド・モットにやって来る。だがロベットは鉄人たちによって支配されたディープウッド・モットをロブ・スタークは奪回せず、ボルトン家の協力によって奪回できたため、これを拒否する。サンサはスターク家への忠誠を元にこれに抗議するが、ロベットはスターク家は滅んだと考える。

ジョン・スノウがボルトン家を打倒した後、ウィンターフェルに参じる。そこでリアナ・モーモントワイマン・マンダリーに続いてジョンを北の王に擁立する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki