FANDOM


この記事は手直しを必要としています!

この記事には改善できる箇所があります。訂正・追加すべきところを発見したら、編集をクリックして、あなたの力で記事をあるべき形へと導いてください!



リアナ・スタークはエダード・スタークの妹で故人であるが、シーズン6ではブランの幻視の中で登場し、コーデリア・ヒルが演じる。彼女はレイガー・ターガリエンによって誘拐され、その事件はロバートの反乱の引き金となってしまう。

人物編集

北部の領主であるリカード・スターク公の娘として生まれたリアナは、ロバート・バラシオンの許嫁となるが、ある時レイガー・ターガリエンによって拉致されてしまう。最終的に彼女は命を落とすが、その真相は謎に包まれている。

経歴編集

リアナの父リカード公は彼女とストームランドの領主ロバート・バラシオンとの婚約を結びつけた。ある時、ハレンの巨城(ハレンホール)で行われた馬上槍試合でバリスタン・セルミーを打ち破って優勝したレイガー・ターガリエンは、自らの妃であるエリア・マーテルを通り過ぎてリアナを愛と美の女王に戴冠する。その直後、レイガーはリアナを誘拐して失踪してしまう。リアナの兄であるブランドン・スターク狂王に抗議するが捕えられ、呼び出されたリカード公共々処刑される。この事態は貴族たちの蜂起を巻き起こし、狂王はロバート・バラシオンエダード・スタークの後見人であるジョン・アリンに2人の処刑を命ずるが、アリン公はそれを拒否する。

エダードはブランドンの婚約者であったキャトリン・タリーと、アリンはその妹であるライサ・タリーと結婚し、ホスター・タリーを味方に付ける。スターク家バラシオン家アリン家タリー家からなる反乱軍は狂王の軍を蹂躙し、終いにはトライデント河の戦いでレイガーがロバートに殺され、キングズランディングでは狂王がジェイミー・ラニスターに殺される。ロバートが王となった後リアナはエダードらに救出されるが、命は助からない。ロバートはサーセイ・ラニスターと結婚するが、生涯に渡ってリアナへの愛を抱き続けることになる。

シーズン1編集

シーズン5編集

シーズン6編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。