FANDOM

  • Ralphin0214

    *シーズン6のネタバレが含まれます。ご注意下さい。



    陰鬱な表情でいつも何か悩みを抱えてる。そんなジョン・スノウが時折見せる笑顔がたまらない。ロブやアリア、そして恋人だったイグリッドやナイツウォッチの兄弟とじゃれ合う時の笑顔は本当に楽しんでいて、本来の彼が垣間見えた。 王都へ行くアリアに贈った剣"ニードル"なんかは彼女をよく理解してる証拠だし、兄らしい一面と兄妹の絆を強く感じられるエピソードだった。アリアも失ったニードルを奪い返し、手放せないでいる。アリアとは再会して欲しいなとつくづく思う。


    ウィンターフェルでは私生児だからと肩身が狭い思いをしていたけれど、ナイツウォッチになってからはようやく居場所を見つけられたジョン。 総帥を目指してやってた訳じゃないけど、野人への潜入やモーモント総帥の敵討ち、野人の襲撃で指揮し交渉に挑むなど、彼には統率力や総帥になる資質があった。 ナイツウォッチになってから幾度も家族の死を知らされ、総帥に選ばれてからも苦労が絶えず、仲間に殺される事態になった時はエダードが斬首された時以上の衝撃だった。 エダードはスタニスが正統な後継者と支持したため陥れられ、ジョンもホワイトウォーカーから領土を守るべく野人に門を開き仲間に殺された。両者とも正しいことをしているのに、それがまかり通らない理不尽な世界。 でもジョンには再びチャンスが与えられ、甦った。(この瞬間をどれだけ待ちわび、願ったことか)今こそウィンターフェルを奪還し、北部に平和を取り戻し、家族の敵討ちをしてもらたい。

    一番気になるのはジョンスノウの出生について。エダードはジョンの母親について今度話すと言ったまま帰らぬ人となり、真相は分からぬまま。 レイガー・ターガリエンがエダードの妹でロバート・バラシオン ……




    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki