FANDOM

Mayu0227

こと m@yu

  • 居住地 Tokyo
  • 誕生日 2月 27日
  • 職業 Office Worker
  • 私は Femaleです
  • Mayu0227

    (※物語の内容について多くを触れていますので、ネタバレを気にされる方はご注意ください)


    俳優 ピーター・ディンクレイジ

    エミー賞やゴールデン・グローブ賞ではその高い演技力が認められ数々の賞を受賞しています。

    ピーター・ディンクレイジ演じるティリオン・ラニスター は物語の中では家族からも忌み嫌われる役ですが、「ゲーム・オブ・スローンズ」ファンにはとても人気があるキャラクターの1人です。その人気の秘密は何なのかストーリーを交えながら私なりに考えてみたいと思います。



    ラニスター家 タイウィンの第三子として生を受ける。

    ティリオンの出産をきっかけに母ジョアンナは死亡。この日を境に姉サーセイは彼を憎しみの対象としてみることになる。また家名に重きをおくタイウィンは小人症であるうえに酒浸りで娼館通いする彼を快く思っていなかった。世間からも小鬼(インプ)と呼ばれ嘲られていたが、兄のジェイミーだけは弟としてティリオンを気にかけてくれるのだった。










    何といっても彼の強みの1つはお金持ちの家系ラニスターの生まれであること。家族の愛には恵まれませんでしたが、そういった意味では環境には恵まれていると言えます。ラニスター家の標語は「聞け、わが咆哮を!」ですが、「ラニスターは常に借りを返す」というものも物語のなかでよく耳にします。その言葉の通り「借りたお金は返す」という意味でありますが「やられたら必ずやり返す」という意味も含まれています。凄腕の傭兵であるブロンを決闘裁判で擁護者として戦わせることができたのも、用心棒としてアリンの谷間の山賊を味方につけたのも全てお金の力。なんだかんだきれいごとを言っても世の中をうまく渡り歩くにはお金が必要なときもあるのです。












    ジョン・スノウになぜ本ばかりを読んでいるのかを尋ねられ「( ……
























    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki