Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

メリサンドル

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
メリサンドルについてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!
FieryHeartoftheLordofLight.png


"死ぬ覚悟ができてから、何年も経つわ。光の王と道を供にできればよかったけど、そうはならなかった。あなたはナイト・キングに出会っているわね、ジョン・スノウ。大きな戦争がおこり、多くの死が近づいていることも知っている。そして同時に、私があなたの助けとなることも"
―メリサンドルがジョン・スノウに送った言葉

人物編集

「紅の女」とも呼ばれるメリサンドルは、強い魔力、特に予言の力を持つと自称する。首元にいつも、魔法を使う度に光を放つ大きなルビーのネックレスをあしらっている。演じるのはカリス・ファン・ハウテン、初登場回はシーズン2 第1話「王の乱立」。鉄の玉座 奪取を企てるスタニス・バラシオンの助言者であったが、軽率な行いから彼の一族と軍勢を破滅に導く。最終的にはバラシオンを捨て、黒の城へと亡命した。

シーズン2からシーズン6にかけての主要人物である。

経歴編集

メリサンドルは、ウェスタロスでは少数派とされる神「光の王」に仕える「紅の女祭司」である。エッソスの極東部の国アッシャイで奴隷として生まれた。数年前に狭い海(ナロー・シー)を渡り、ドラゴンストーンの島の要塞の、スタニス・バラシオン公の宮廷に布教に来た。スタニスとその臣下の多くは「光の王」に改宗し、メリサンドルはスタニス自身の近しい助言者となった。

シーズン2編集

七神正教の像を燃やすメリサンドル編集

ドラゴンストーン島の浜辺で、メリサンドルは「光の王」への儀式を行う。彼女の後ろではウェスタロスで広く信仰されている七神正教の像が神への奉納物として燃やされている。メリサンドルは「夜は暗く、脅威に満ちている」と詠唱し、周りの見物人の群衆もその言葉を復唱すると、「長い夏に引き続いてとてつもない闇が世界に襲い掛かり、冷たい冬の風が海を凍せるにつれ星は輝きを失くし、北では死人が蘇るだろう」と予言する。メイスターのクレッセンはメリサンドルの前に入り、群衆に向かって「お前たちは七神の光によって名付けられた」のだと言い聞かせ儀式を邪魔するが、メリサンドルはクレッセンをおびえた老人だと退けながら儀式を止めることができるかと挑発する。クレッセンは恥らった様子でその場を去って行った。メリサンドルは火の剣「ライトブリンガー」の物語と共に説教を続け、スタニスを前へ呼び寄せると彼はグローブをはめた手で母の像から燃え立つ剣を引き抜く。スタニスが剣を手にするや否や人々は歓声を上げ、彼が力強く砂に剣を突き刺すと皆が跪いた。人々が「Lord cast your light upon us.」と賛美し始めるとメリサンドルは「夜は暗く、脅威に満ちている」と返答し、ダヴォスが最後に跪いた。スタニスも「夜は暗く、脅威に満ちている」と答え、彼に賛同した妻のセリース・バラシオンの手を握ると浜辺の群衆を率いた。

ドラゴンストーンにおける評会議 編集

ドラゴンストーン城の中ではスタニスが装飾テーブルの執務室で会議を開いていた。メリサンドルも同席している。マットス・シーワースは鉄の玉座にふさわしい真の後継者はスタニスであるという宣言書を読み上げる。スタニスはロバート・バラシオン が「最愛の兄弟」という言葉で表現されていることに異議を唱えるが、ダヴォスはそれは罪の無い丁重な表現であると言う。それでもスタニスは、この表現は偽りであり、宣言書から省くべきだと要求する。マットスは続けて、ジョフリー・バラシオン をはじめサーセイ・ラニスター の子供達は彼女とジェイミー・ラニスター の近親相姦の所産であり、正当な血筋ではないと読み上げる。スタニスは、ジェイミーは王殺しと呼ばれている一方で騎士としての確かな腕も認められていると強調する。 マットスは宣言書を読み終え、スタニスは宣言書の複写をアーバーから王国の隅々に送るよう命令する。

メイスターのクレッセンから毒の入ったカップを受け取るメリサンドル編集

ダヴォスはラニスター家こそ真の敵であると忠告し、弟のレンリー・バラシオンと和解するようスタニスに促すが、スタニスはレンリーとは決して和解するつもりはないと告げる一方で、自分が王に相応しいと主張する。ダヴォスはメイス・タイレル、ランディル・タイリーを含む多数の領主たちがすでにレンリーの即位に賛同していることを指摘する。するとメリサンドルは、光の王がスタニスの後ろ盾をしているので領主に支持を乞う必要は無いと言い出す。ダヴォスが光の王は一体何隻の船を操ることができるのかと尋ねると、メリサンドルはスタニスに船は必要無いと告げる。ダヴォスはスタニス自身には船が要らないことを認めるが、本当に戦う気なのであれば軍に船が必要であると言い、レンリーよりも先にロブ・スタークについて考えるように勧める。スタニスはロブが彼の領土の北半分を奪おうとしていると反論し、泥棒にはいつも断固とした態度を取ってきたことをダヴォスに念押しすると、ジョフリーレンリーロブは皆泥棒であり、スタニスに跪く姿勢をとらないのであれば彼らの全てを破壊すると言う。 するとクレッセンが立ち上がり、浜辺での行動の謝罪を申し出て、メリサンドルに一緒にワインを飲むよう勧める。そしてカップを取り出しメリサンドルに手渡すとクレッセンはテーブルにもたれかかり、鼻からは血が流れ始めた – 彼はワインに毒を盛っていたのだ。 メリサンドルはそれを気にも留めずにワインを飲み、崩れるように倒れるメイスターと石床に広がって行く彼の血を眺めて「炎が夜の恐怖を焼き払ってくれます」と言った。

メリサンドルに関する情報を追加しよう 自由編集編集

シーズン3

シーズン4

シーズン5

シーズン6

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki