FANDOM


この記事は手直しを必要としています!

この記事には改善できる箇所があります。訂正・追加すべきところを発見したら、編集をクリックして、あなたの力で記事をあるべき形へと導いてください!



ミーラ・リードはシーズン3からシーズン4、およびシーズン6に登場する人物で、エリー・ケンドリックが演じる。「三つ目の鴉」で初めて登場する。

人物編集

ミーラは〈灰色沼の物見城〉(グレイウォーター・ウォッチ)城主ハウランド・リード公の娘であり、ジョジェン・リードの姉である。ミーラと弟のジョジェンはホワイト・ウォーカーの脅威を重く受け止め、ブラン・スタークに近付く。

経歴編集

シーズン3編集

〈黒の城〉(カースルブラック)に向かう途中のブラン・スタークに接近し、オシャがジョジェンに木製の槍を突きつけた時、ミーラは背後から迫って逆にオシャの首にナイフを突きつける。オシャは自分を殺せば大狼がミーラたちを殺すと推測するが、ジョジェンは大狼を手懐ける。

オシャは姉に守ってもらっているジョジェンが恥ずかしくないのかと言うが、ミーラは助ける価値があるのだと返す。

ミーラは狩った兎の皮を剥いでいる時、オシャと喧嘩になる。ブランは彼女らを諌めるが、その時ジョジェンがひきつけを起こし、ブランたちに緑視の代償であると説明する。

オシャがジョジェンの力について疑問を抱き始めた時、彼女の夫が亡者となった話を聞く。

壁にほど近いギフトで、野人の攻撃により打ち捨てられた塔で雨風をしのぐ。外に現れた野人を恐れるホーダーが騒ぐが、ブランが狼潜りで彼の意識を奪うのを目撃する。ブランはリコンの安全を守るために、オシャと共にアンバー家の居城であるラストハースに送り出す。出発する前、オシャはミーラとジョジェンの姉弟にブランの命が第一だと言う。

ミーラは砦を偵察し、安全を確認した後ブランたちに入ってもいいと言う。夜、ブランは一同に客人を殺して報いを受けた鼠のコックの話をする。夜間に物音がして一同は警戒し、ミーラは侵入者にナイフを突きつけるが、それはブランの兄であるジョン・スノウの仲間のサムウェル・ターリーだった。サムウェルはジリと彼女の赤ん坊も連れていた。サムウェルは〈壁〉の向こうに行こうとしているブランたちを止めようとするが、懇願されて折れる。サムウェルは別れ際、ドラゴングラスをブランたちに与え、ミーラには矢じりに付けるよう言う。

シーズン4編集

シーズン6編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki