Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

ホワイトヒル家

212このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ホワイトヒル家
ホワイトヒル家
Sigil
青地に白山、その上に四つ角の星が印字されている。
Words
{{{Words}}}
Titles
ハイポイントの君主
Seat
ハイポイント
Region
北部
Lord
ルド・ホワイトヒル卿またはトーレン・ホワイトヒル
Heir
トーレン・ホワイトヒル またはグリフ・ホワイトヒル
Allegiance
Vassals
Religion
ウォリック家
Military strength
~500人
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
{{{Age}}}
Founder
{{{Founder}}}
Ancestral weapon
{{{Weapon}}}
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"「お前らフォレスター達は何世代にもわたって私たちを邪魔してきた。まあ、でも今はスターク家の援護もないだろう?今北部を制しているのは私たちだ!」"
―ルド・ホワイトヒル

ホワイトヒル家は北部のウェステロスの狼の森を起源とする貴族の家系である。彼らは忠義なボルトン家の家臣である。彼らはハイポイントのストーンキャッスルの座を支配している。彼らは、北部で七神正教を信仰している数少ない一族の一人だ。ホワイトヒル家の家紋は青地に白山と、その上に四つ角の星が印字されたものである。彼らの家訓は「最も高い」だ。

歴史編集

背景編集

ホワイトヒル家はウィンターフェルのスターク家とアイアンラスのフォレスター家と激しい敵対関係にあり、彼らの所在地はウィンターフェルの北に位置し、ドレッドフォートのはるか西に位置していたにもかかわらず、ボルトン家の旗手として5世紀も務めた。彼らの家紋は座がおかれている不毛の丘を表しているー一世紀も前に鉄樹の森はなくなった。


一作目編集

ホワイトヒルの戦士たちは、ガレド・タトルの釁られた婚儀で目撃される、そこでボルトン家の君主にまざって、スターク家の人々を虐殺した。のちに帰路の途中、彼は家族を殺したボルトン家一人と2人のホワイトヒル家の人に遭遇する。彼は、ボルトン家の人と2人のうちの一人のホワイトヒル家の人を殺すことはできたが、残りの一人、ブリット・ウォリックは逃げた。 予想外にもルド・ホワイトヒル卿は誰にも報告をせずアイアンラスを訪れ、新しい君主イーサンと民衆に「正義」を要求した。ホワイトヒル卿は、ガレド・タトルの、兵に対しての行為に関して制裁を下したかった。ブリット・ウォリックは、彼らは罪がないのに攻撃されたことを説明した。 ホワイトヒル卿はラムジー・スノウと一緒に帰還し、ラムジーは、イーサン卿がボルトン家に対して忠義を誓い、土下座することを要求した。ホワイトヒル卿はラムジーの指示によりアイアンラスの壁の内側に20人の守備隊を配置した。ホワイトヒル家はライオン・フォレスターをフォレスター家が横柄にふるまわないように人質として拘禁した。またラムジーは、鉄樹林を両家の間で2分割にし、どちらの一族がより情勢を強めるかを確かめようとした。

二作目編集

ロドリック・フォレスターは目を覚ました時、ラムジーが指示したアイアンラスに配置されたホワイトヒル家の兵士の騒ぎを聞いた。彼らは、ワインで酔っているか、あなたの歩哨に対する決断によって与えられた食事がおいしくないことにおこっているのだ。ロドリックは彼の部屋を出ると大広間への道をふさぐホワイトヒル家の兵士と遭遇し、ロドリックは兵士たちをどくように脅した。 ホワイトヒル卿は2人の貿易の専門家、アンドロスと盛るグリンを雇い、王座に鉄樹の取引を仲介しようとした。ティリオンはしかし、彼らを解散させかわりにミラ・フォレスターと取引するようにさせた。 この作の後の方に、エレーナ・グレンモアと話した後、ホワイトヒル卿はアイアンラスを訪れ、ロドリックに周辺の人に指示を下すようにすることを要求した。行いを改めるためにホワイトヒル卿はロドリックにライオン・フォレスターがイーサンとグレガー・フォレスターの葬式に参加するために指輪にキスする選択を与える。彼は離れる前、鉄樹林の全てを手にしたのだ。 もしプレーヤーが指輪にキスすればライオンは3人のホワイトヒル家の人によって行われた葬式に参加する。もし、拒否すればグィン・ホワイトヒルが参加し、ライオンの地位をロドリックに与えることになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki