FANDOM


フロレント家
Sigil
オコジョの背景に金赤色の狐
Words
Titles
Seat
Region
リーチ
Lord
Heir
Allegiance
タイレル家(名目)
ドラゴンストーン城のバラシオン家(実質)
Vassals
Religion
{{{Religion}}}
Military strength
{{{Military}}}
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
Founder
Ancestral weapon
{{{Weapon}}}
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"ガーデナー家と血縁関係にあったフロレント家。長い間にわたってハイガーデンとの古くさい権利について愚痴をこぼしていたけれど、その実の娘がスタニス・バラシオンと結婚した今、ウェスタロス全土に関する権利に関して口を挟むようになったわ。領旗に狐を掲げるだけのことはあるわね。"
マージェリー・タイレル
ブライトウォーターキープのフロレント家はハイガーデンであるタイレル家に忠誠を誓う臣下である。拠点はブライトウォーターキープ。家主はブライトウォーターキープの領主の権力を有する。当家のシンボルはオコジョの背景に金赤色の狐。

征服の戦い以前、ガーデナー家がリーチ領王族であった時に強いつながりを持っていた。タイレル家は前王マーン・ガーデナーが征服者エイゴンとの戦いで敗れた後、南の管理人に就任されることとなる。タイレル家が次々と地位を上げていくことに怒りを覚え、自らの一族こそがその地位に値すると信じてやまない。五王の戦いでスタニス•パラシオンの下争いに参加する。

歴史編集

シーズン1編集

王の手の闘技会にフロレント家領旗が登場。

シーズン2編集

レンリー・バラシオンが鉄の玉座につく援助をすることを固く誓約し自らの君主であるタイレル家に仕える。しかしレンリーの死後、セリース•フロレントがスタニスの妻であることを理由に、過労を強いてくるタイレル王ではなく、スタニスと行動を共にする。(4)その後ブラックウォーターの戦いに参戦することとなる。

シーズン3編集

使い鴉によりスタニス・バラシオンをライリーン•フロレントの聖名祝日に招待するという旨の手紙がドラゴンストーン城に送られる。ダヴォス・シーワースはシリーン・バラシオンに向かい声高らかにその手紙を読み上げ、自らはそんな儀式には行くまいと断言するのであった。

シーズン4編集

七王離脱を却下したことからメリサンドルはアクセル・フロレント王を焼死させる。王は実の姉とその夫に慈悲をこうも虚しく、無残な結果となる。

シーズン5編集

スタニスのウィンターフェル城討伐を手助けしたとして、シリーンは生贄になり焼死。それと共に母セリースは娘の死を哀れみ自殺するのだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki