FANDOM


フォレスター家
House-Forrester-Main-Shield
Sigil
黒地に、白のアイアンウッドの木、木の中心に黒い剣
Words
氷からなる鉄のように
Titles
アイアンラス城主(元)
アイアンウッドの森の守護神
Seat
現在亡命中
Region
現在亡命中
Lord
ロドリック・フォレスターまたはアッシャー・フォレスター 
Heir
ライオン・フォレスター
Allegiance
グローバー家
Vassals
[ディゴー家
Religion
古き森の神
Military strength
500人
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
{{{Age}}}
Founder
ジェハード・フォレスター
Ancestral weapon
不明
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"伝統の武器 フォレスターのグレートソード 何世紀もの間、フォレスター家は反逆の一家である、スターク家に忠誠を誓っていた。「あなたは、見るからにアイアンウッドに頼っている。もし他の一家のものとなってしまっては恥をかく。"
サーセイ・ラニスター

アイアンラスのフォレスター家は、北部ウェスタロス地方にある狼の森出身の高潔な亡命中の一家だ。一家はディープウッド・モットのグローバー家の家臣であり、スターク家に忠誠を誓う家臣で、木でできたアイアンラス城に住んでいた。 一家の標語である「氷からなる鉄のように」は、アイアンウッドのように、という一家の信条を表す。北部の厳しい土地柄が一家をいっそう強くするのである。フォレスター家の紋章は黒字に白いアイアンウッドの木で、その中に下をさした黒い剣が描かれている。 アイアンラスの戦いで敗れた後、フォレスター家はホワイトヒル家がアイアンラスを占拠している間、亡命している。

歴史編集

背景編集

"「あなたはいつも一人じゃない。あなたはフォレスター家の一人なのよ。」"
エリッサ・フォレスター

一家の城を、狼の森の端に位置するアイアンラスに構えたことで、フォレスター家は、一家の力を成長させた、ウェスタロスのなかで一番大きなアイアンウッドの森を支配している。フォレスター家はホワイトヒル家の最大のライバルである。 二人目の息子のアッシャー・フォレスターは、ルド・ホワイトヒルの娘であるグウェン・ホワイトヒルに恋に落ちた後、ホワイトヒル家との戦争に行くのではなく、父によってエッソスに追放された。 五王の戦いのはじめ、フォレスター家は一家が仕えるグローバー家に誓約を交わし、北部の王としてロブ・スタークに忠誠を誓ったが、スタークの死と釁られた婚儀の北部反乱での負けにより、一家の立場は弱小化した。

「氷からなる鉄のように」 釁られた婚儀では、グレガー・フォレスターとその跡継ぎであるロドリックはフォレスター家の最も信頼のあったフレイ家によって殺される予定であった。これによって3人目の息子であるイーサンを、アイアンナスの城主として残すこととなった。ルド・ホワイトヒルは、グレガーがボルトンを殺したときの裁判官であり、ホワイトヒルの兵でもあるガレド・タトルに次いでアイアンナスを訪れ、公正を求めた。彼はラムジー・スノーがアイアンナスに来ると言い、激怒しながらアイアンナスを離れた。 イーサンはダンカン・タトルかロイランド・ディゴーどちらかを歩哨にすること、泥棒の問題など多くの内部問題の解決に努めることになったが、一番の問題はラムジーに関することだった。 その間キングズ・ランディングでは、長女で[[マージェリー・タイレル]の女中の、ミラ・フォレスターは、サーセイ・ラニスターに呼び出され、フォレスター家の王とルース・ボルトンもフォレスター家と王家の同盟を提案し、決断をミラにゆだねた。その後、ミラはマージェリーにジョフリーの助けを得ることを頼むことができたが、マージェリーの努力かなわず、ミラが必要な助けを得ることはできなかった。 ラムジー・スノーと会っている間、ラムジーはアイアンウッドの森を両家に配分し、どちらがうまくやっていけるか試そうと決めた。しかし、イーサンはラムジーに首を切られてしまった。ラムジーはホワイトヒル家の主をアイアンナスの20人の守備隊に任命し、4人目の息子のライオンにホワイト家の次期主を命じ、均衡を保つため新しい主を人質として離れさせた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki