FANDOM


この記事は手直しを必要としています!

この記事には改善できる箇所があります。訂正・追加すべきところを発見したら、編集をクリックして、あなたの力で記事をあるべき形へと導いてください!



ハウランド・リードはシーズン6に登場する人物で、レオ・ウッドルフが演じる。「Oathbreaker」で過去の姿で登場する。

人物編集

ハウランド・リード公は〈ネック〉にある〈灰色沼の物見城〉(グレイウォーター・ウォッチ)の城主で、スターク家に忠誠を誓っている。娘にミーラ、息子にジョジェンがいる。

経歴編集

〈ロバートの反乱〉ではエダード・"ネッド"・スタークと共に戦った。

シーズン3編集

ブラン・スタークとジョジェンはハウランドがかつてネッド・スタークの命を救ったという話をする。ジョジェンが言うには、ネッドが死んだ時、ハウランドは涙を流したと言う。

シーズン6編集

ブランは三つ目の鴉と共に、若き日の父ネッドと部下たちがドーンの〈喜びの塔〉で戦うのを幻視の中で見る。ハウランドはその時ネッドと共に戦うが、エイリス2世の王の楯である「暁の剣」ことサー・アーサー・デインの一撃に倒れてしまう。部下たちが死に絶え、ネッドとアーサー・デインの一騎打ちになるが、アーサー・デインの卓越した技の前にネッドは丸腰にされてしまう。致命傷ではなかったハウランドは密かに背後から忍び寄り、アーサー・デインの首をナイフで刺してネッドの命を救う。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki