FANDOM


House-Bolton-Main-Shield.PNG
House-Bolton-Main-Shield.PNG
"ドレッドフォートにいる私の落とし子に使いを送りましょう"
―ルース・ボルトン、ロブ・スタークに対して
505 Bolton map 2.jpg

『壁の決断』で、ボルトン家の地図に描かれたドレッドフォート。

Dreadfort Pin.png

ウェスタロス大陸でのドレッドフォートの位置を示す地図。

ドレッドフォートは北部に位置する城である。ボルトン家の拠点で、ウィンターフェルの東、ウィーピング・ウォーターの岸にある。何人かの古代のスターク家の王を含む敵の皮を剥いだことで知られ、今でもそれを城に飾っていると噂されることもあるボルトン家の要塞であるため、ドレッドフォートには不吉なイメージがある。しかしそのような恐ろしい戦利品がかつて存在していたとしても、とうの昔に片づけられたか、破棄されているであろう。


歴史 編集

背景 編集

Dreadfort-rebellion.jpg

包囲されたドレッドフォート。

ドレッドフォートのボルトン家は、その長い不和と反乱の歴史のため、「北部の脅威」として知られるようになった。

シーズン2編集

ウィンターフェルがシオン・グレイジョイに占拠されたとの知らせがドレッドフォートの要塞に届く。この情報はさらに使い鴉によってルース・ボルトンに伝えられる。

シーズン3編集

Dreadfort-exterior-1.jpg

ラムジー・スノウはシオンのドレッドフォートからの「逃亡」を助ける。

仲間に裏切られラムジー・スノウの元へ送られた後、シオン・グレイジョイはドレッドフォートの拷問部屋に監禁される。数ヶ月の間、彼は、肉体的及び精神的に数々の恐ろしい拷問を受ける。

シーズン4編集

ヤーラ・グレイジョイは、シオン・グレイジョイを救出するためドレッドフォートの襲撃を指揮する。しかしヤーラと仲間の鉄諸島人たちは、今や「くさや(リーク)」となったシオンに自分たちが救出に来たと納得させることができず、襲撃は失敗に終わる。ラムジーと猟犬と仲間のドレッドフォートの兵士たちは、鉄諸島人の襲撃者たちを追い払う。

要塞モウト・ケイリンの陥落の後、ボルトン家は伝統的な北部の首都であるウィンターフェルを新しい拠点とし、ドレッドフォートは一握りのボルトン軍の兵と城代に任せられる。恐らくルースはラムジーの子にウィンターフェルを継承させ、ウォルダとの間の子にはドレッドフォートを与えるつもりでいたのだろう。


重要人物 編集


Image Gallery編集

撮影の背景 編集

シーズン4の、外から見たドレッドフォートの映像には、北アイルランドのダウン州のマイラ城が使われている。

原作 編集

小説シリーズ『氷と炎の歌』でも、ドレッドフォートは同様の不和と反乱の歴史を持つ。カーホールド建設の3世紀後、ドレッドフォートを2年間包囲した戦の末に、スターク家がついにボルトン家を破った。ドレッドフォートは火山の噴火口の周辺に建てられており、天然の温泉の上に立つウィンターフェルと似た形で熱源を得ている。

ドレッドフォートは、高い城壁と、鋭い石の歯に似た三角形の凸壁を持つ強固な要塞である。石壁は厚く、塔は大きい。大広間は薄暗く煙が立ち込めており、壁からは松明を持った人間の腕の骨が列になって突き出している。長テーブルが並ぶ奥に高座がある。広間の天井はアーチ形で、垂木は煙で黒ずんでいる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki