FANDOM


デイン家
House-Dayne-Main-Shield
Sigil
紫色の背景に白い剣と流れ星
Words
Titles
スターフォール城主
Seat
スターフォール城
Region
Lord
Heir
Allegiance
マーテル家
Vassals
Religion
{{{Religion}}}
Military strength
{{{Military}}}
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
Founder
Ancestral weapon
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]

スターフォール城のデイン家はドーンを起源とする 高貴な大家。マーテル家の家臣である。スターフォール城を拠点とする。 デイン家に先祖伝来する武器は”暁”と呼ばれる、流星の金属から製造された剣である。その剣を持つデイン家の騎士は”暁の剣”という称号が与えられる。 デイン家の紋章は紫の色の背景に白い剣と流れ星から成っている。


歴史 編集

デイン家の起源は暁の時代に遡る。スターフォール城は、初代デイン家が流星を辿って魔法の石を発見したと言われている場所でもある、とある島のトレンティ ン川河口に建てられている。現在のウェスタロスでは、デイン家は先祖代々伝わる暁の剣、及びその剣を振る”暁の剣”で最もよく知られている。 デイン家の人々は(山麓に住んでいるため)”石の”ドーン人と言われてきたが、彼らの外見は普通のロイン系ドーン人とは異なる。多くのデイン人は青または紫色の目を持ち、髪の色は暗めの金髪から淡い金髪まで様々である。 デイン家は河間平野(リーチ)の王家と何回か戦争を行った。ナイメリアの戦いではマーテル家に敗れ、その後はマーテル人がドーンを統一しドーンのその他の王家を制圧するのを支援した。その時からデイン人はマーテル人に忠誠であり、第一・二次ドーン戦争ではターガリエン家と戦った。一時は敵方の戦線から遠く離れてオールドタウンを急襲した。 マーテル人とその家臣たちはターガリエン人を相手にロバートの反乱で団結した。伝説の武士アーサー・デインは、ロバートの反乱の終盤戦の一つである赤い山麓での最終決戦で暗殺された。彼は敵の武器を難なく取り上げ暗殺していったが、戦いの最初で致命傷を負ったと思われていたホーランド・リードに背中を刺され、その後エダード・スタークに暗殺された。 ドーンで起こったエラリア・サンドのクーデターに対してデイン人がどのような対応を見せるのか、まだ分かっていない。

人物編集

  • レディ(ダイアナ・デイン),メイカー王の妻
    • 城主(ベリック・デイン),スターフォール城主
    • サー(アーサーデイン),暁の剣士,ベリック・デインの二番目の息子,ロバートの反乱で死亡

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki