Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

ターリー家

212このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


「ターリー家は河間平野で一番の戦士だ。もしエイゴンがターリー家を長官に任命していたら、河間平野は世界一の軍のキャンプになっていただろう…全ての農夫を徴兵して、餓死するまでは。」 —マージェリー・タイレル

ホーンヒルの主ターリー家は、ハイガーデンのタイレル家に忠誠を誓った家の中でも一番軍事力が強い家である。彼らの領地は河間平野の南西にある。彼らの拠点はホーンヒルと呼ばれる城であり、ターリー家の当主がホーンヒル主人となる。ターリー家はヴァリリア鋼で出来たハーツベーンと呼ばれる剣を持っている。 ターリー家のシンボルは緑地に赤の歩いている猟師。彼らの標語は「戦いの先駆け」。

人物編集

ランディル・ターリー、ホーンヒルの主であり家の当主。 メリッサ・ターリー、元フロレント家、ランディルの妻。 サムウェル・ターリー、長男で元後継者だが、相続権を奪われ冥夜の守人へ参加した。 ディコン・ターリー、末っ子でサムウェルの弟。サムウェルが冥夜の守人へ参加した後は後継者になったと思われる。 タラ・ターリー、ターリー家の娘。


歴史編集

(あなたの情報が必要です!こちらをご参考に情報を追加してください。)

シーズン1編集

ロバート・バラシオン王が最初に人を殺した時、サマーホールの近くの戦いでターリー家の生まれの者を殺した時の話をする。この騎士とランディル・ターリーとの関連は不明。サムウェル・ターリーは壁にたどり着き、ジョン・スノウにいかに彼が冷酷で無慈悲な父に失望しているかを話す。

シーズン2編集

ドラゴンストーンで行われたスタニス・バラシオンの評議会で、ダヴォス・シーワースは、メイス・タイレルランディル・ターリーを含むストームランドとリーチの強い領主たちがスタニスではなくレンリー・バラシオンを支持していることを指摘する。

シーズン3編集

ジリに貴族の命名法の説明をする際、サムは自分の家を例えに使って、自分は「ターリー」という苗字は受け継いだが「ランディル」という父の名前は受け継がなかったと説明する。ジリがランディルというのはかっこいい名前だと言った時、彼はお願いだから息子にその名前をつけるのはやめてくれと頼む。

シーズン5編集

サムウェルがランディルの息子だと聞いて驚いたスタニス・バラシオンは、ランディル・ターリーがどうやってロバート・バラシオンをアシュフォードの戦いで倒したかを詳しく話す。アシュフォードの戦いはロバートが唯一負けた戦いだったため、スタニス王はターリーを素晴らしい戦士だと見なしていた。のちに、ジョンはサムに黒の城を去り、シタデルでホワイト・ウォーカーについて学ぶことを許可する。サムはクラスターの娘であるジリとその子供サムを連れて旅立つ。

シーズン6編集

(あなたの情報が必要です!|こちらをご参考に情報を追加してください。)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki