FANDOM


この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
タースのブライエニーについてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!



"私はいつも、お前のような男にバカにされてきた。そしてそいつらを倒し続けてきたんだ。"
―ブライエニーがジェイミー・ラニスターへ送った言葉[引用元]

人物編集

タースのブライエニーは シーズン4、5、6の主要人物。シーズン2、3で繰り返し登場している。シーズン2第三話 “鉄の決意” で初登場し、グウェンドリン・クリスティーが演じている。ウェスタロス人の女性には珍しい長身と身体能力の持ち主で、剣術も秀でている。セルウィン・タースの一人娘でありながら戦士となり、タース家 唯一の生き残りとなった。バラシオン家に忠誠を誓っていたが、戦乱の混乱の中、”主君に仕える衛兵”という天命を信じ、まっとうしようとする強い意思によって、数奇な運命を辿っていく。

経歴編集

タース家は、ナロー・シー(狭い海)ストームランド沖のタース島にある、”宵の明星” の城主。ブライエニーは母も数人の兄弟も幼い頃に亡くした。彼らのことはほとんど覚えていない。タース家の唯一の跡取りとなったブライエニーは、他家の男たちにとって好条件の結婚相手だと思われていたが、その外見と気質のため、真剣に他家と婚姻関係を結ぼうとしたことはない。 「タースの乙女」、また、容姿を揶揄して「麗しのブライエニー」と呼ばれることもある。

登場編集

シーズン2編集

レンリーの王の盾に ブライエニーは五王の戦いでレンリー・バラシオン王軍に従軍した。途中、軍内で力試しのトーナメントに出場することになる。そこで勝ち上がり、レンリーお気に入りの臣下であったロラス・タイレルにも勝利し、優勝する。自らの優れた身体能力と剣術の力を示したのだった。優勝した彼女は王に、褒賞として王の盾となることを申しで、王は快諾した。ブライエニーは女性であり、騎士の身分も持っていなかったため、異例の待遇であった。

しばらくして、キャトリン・スターク妃が息子のロブ・スターク王と、レンリーの同盟締結を求めて野営地へやって来た。キャトリンがレンリーを王の呼び名である ”Your grace”と呼ばないことにブライエニーは腹を立てていた。それでも彼女は冷静に、話しながら野営地内を歩くキャトリンとレンリーを護衛した。彼女はキャトリンに自分のことはただブライエニーと呼ぶように言った。貴族の令嬢を呼ぶ際は、名前の前に「レディ」とつけるのが習わし。彼女は相当する身分だが自分自身を”令嬢”とは思っていないのだった。

キャトリン・スタークの護衛 ピーター・ベイリッシュもまた、ジョフリー・バラシオン王の使節としてレンリーの野営地を訪ねていた。キングズ・ランディングの門を開こうとレンリーに申し出る。レンリーは自分が彼を信じていないことを伝え、本当の忠誠心を持っている人物としてブライエニーを引き合いに出したりもした。

並行して、レンリーには、ロブの捕虜となっているジェイミー・ラニスターとキャトリンの娘たちの交換についての交渉もすすんでいる。


ブライエニーの活躍シーンを書いてみよう <自由編集

シーズン3編集

ブライエニーは引き続きジェイミー・ラニスターを護送中。王都キングス・ランディングまでの道のりを人目を避けて進んでいたが、不覚にもある旅人に顔を見られてしまう。ジェイミーは居場所を密告されないよう旅人を殺せと命じるが、ブライエニーは拒否。結果この旅人に情報を売られ、二人はルース・ボルトン公の精鋭ロックに捕らえられ、ハレンの巨城に連行されることに。

ジェイミーと共に捕虜となったブライエニー。だがボルトン家にとって人質としての価値があるのはジェイミーのみで、ブライエニーに命の保証はない。キャンプ地に着いた夜にはロックの部下に犯されかけるなど危機的状況に直面したが、機転を利かせたジェイミーがこれを救う。

捕虜としての絶望を共にする中、心を通わせていくブライエニーとジェイミー。しかしそんな中、ジェイミーにのみキングス・ランディングへ向かう許可が与えられ、二人は余儀なく離れ離れに。さらにロックとブライエニーの父、セルウィン・タースの間で行われた人質交渉が決裂。ロックはブライエニーをいたぶり殺すために、ブライエニーを木刀一本で熊と戦わせることに。

逃げ場のない闘技場で熊と対峙するブライエニー。絶体絶命の状況であったが、ジェイミーが間一髪で助けに戻り、闘技場から脱出。さらにロックへの脅しを含んだ弁舌により、ジェイミーは半ば強制的にブライエニーを解放することに成功。ともに旅立った二人はレッド・キープまで辿り着く。

シーズン4編集

シーズン5編集

シーズン6編集