Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

タリー家

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


"家族、責任、名誉” タリー家のすべての子供はこの標語を学ぶ。でも、これらを理解する前は私はただの女だった。"
キャトリン・タリー

リヴァーランのタリー家はウェスタロス諸名家から追放された一家である。血染めの婚儀以前、最年長の人はリヴァーランの領主とトライデント河流域の最高の領主と呼ばれていた。タリー家の今現在の当主は死んだホスター・タリーの息子のエドミュア・タリー公である。タリー家の紋章は赤と青のさざ波に銀色の跳ねる鱒である。家族の標語は「家族、責任、名誉」。 五王の戦いが始まった当初、タリー家はラニスター家に攻撃された。リヴァーランドの解放において、スターク家から援助を求められるとタリー家は手を貸した。タリー家は鉄の玉座に対する反乱により、土地と称号は正式に奪い取られて、血染めの婚儀の後、エドミュア公はフレイ家の捕虜となる。

一族編集

本拠地編集

リヴァーラン編集

Riverrun. battlements.png

リヴァーラン城は、トライデント河流域のレッド・フォーク河とタンブルストーン河の合流するところにある。有事の際には、放水の門が開き、用水路に水が流入することで、城の西側が断絶されリヴァーランは島となる。壁は水からそそり立ち、各塔から反対岸へ司令を出せる。タリー家はリヴァーラン城の周囲の河川地帯を支配し、家族の当主はリヴァーランの領主であった。後に、フレイ家の占領下となる。

背景編集

征服戦争中、タリー家は信望を集めた。 エドミン・タリー公は侵略中のターガリエン家を支持するために、島と河川地帯の王であるブラック・ハレンに逆らった。同盟の河川地帯の領主はエドミンに従った。エイゴン・ターガリエンは鉄の玉座で自分の統治権を確立した後、彼はエドミンを褒賞し、タリー家を河川地帯の最高の領主に昇格させた。 ナインペニー・キングズ戦争で、タリー家は鉄の玉座のために戦っていた。ホスター・タリーブリンデン・タリー はこの戦いでもめた。レッドワイン家と結婚条約を締結するために、ブリンデンはホスターにベサニー・レッドワインとの結婚を命じられた。ブリンデンはホスターの命令に逆らって、この二兄弟は気まずく別れた。ブリンデンはホスターとの関係を断ち切って、ブラックフィッシュという名前を得て、自分の個人的なシンボルにもなった。その後、ホスターはウェント家の娘のミニサと結婚して、子供三人が生まれた。二人は娘のキャトリンとライサで、一人は息子のエドミュアである。タリー家の当主はエドミュア・タリーである。ロバートの反乱中、エドミュアの姉のキャトリンライサ はそれぞれエダード・スターク公とジョン・アリン公と結婚して、主要な家族を結んだ強い連盟ができた。タリー-スターク-アリン連盟は共に “狂王”エイリス二世を打ち破って、ターガリエンの七王国の統治権を終わらせた。

シーズン1編集

キャトリン・スタークティリオン・ラニスタークロスロードの宿屋に留置した。その後タリー家への復讐を果たすために、キャスタリー・ロックの城主タイウィン・ラニスターは自分の旗手のグレガー・クレゲインを派遣して、タリー家を侵略して強奪した。グレガーの軍隊はたくさんの村舎を燃やして、数多くの無辜の民を殺したり、虐待したりした。さらには、タリー家とスターク家の奥方キャトリンを意味した腐った鱒の入っている袋を置いて行ったのだ。生き残った無辜の民は王の手であるエダード・スタークに正義を嘆願した。 五王の戦いで、サー・ジェイミー・ラニスターの指揮下にあるラニスター軍はタリー家の拠点のリヴァーラン城を取り囲んだ。ウィスパリングウッド戦争で、エダードの息子のロブ・スターク公率いる北部軍はジェイミーの軍隊をリヴァーラン城から引き寄せ、撃破してジェイミーを捕虜にした。スターク家との婚姻同盟のおかげで、北部の王としてロブへ忠誠を誓う夜、タリー家は幾つかの北部一族に加わることができた。

シーズン2編集

(情報をが必要です)

シーズン3編集

(情報をが必要です)

シーズン4編集

(情報をが必要です)

シーズン5編集

(情報をが必要です)

シーズン6編集

(情報をが必要です)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki