FANDOM


DC Zc1-UAAAKZ4I
WARNING!
この記事には シーズン7 のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください



この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
シーズン7第7話についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!



The Dragon and the Wolf」(ドラゴン アンド ウルフ)はシーズン7の第7話。2017年8月27日(日本28日)に放送。脚本はデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイス、監督はジェレミー・ポデスワが務めた。

キングスランディング編集

サーセイ・ラニスターとが協議を行うために、デナーリス・ターガリエン側が王都に到着する。穢れなき軍団とドスラク人の大軍は城の外に配置し、ティリオン・ラニスタージョン・スノウハウンドらも捕えた亡者を連れて到着する。ブロンの案内で竜舎の廃墟に向かう道で、一行はブライエニーと合流し、それぞれに再会を讃える。

一行が竜舎の廃墟に到着すると、続いてサーセイ・ラニスタージェイミー・ラニスターユーロン・グレイジョイが現れる。サーセイがデナーリス・ターガリエンがまだいないことに苛立ちを見せると、ドラゴンに乗ってやって来て遅れたことを詫びた。

ティリオンが口火を切り、死の大軍が押し寄せている危険とそのための休戦を訴え、サーセイに証である亡者を見せる。自分に襲いかかろうとした亡者にサーセイは驚き言葉を失う。ジョンはその場で亡者を火とドラゴングラスで倒せることを証明した。ユーロンは亡者に怯え泳げないことを知ると、鉄諸島にいれば安全だと艦隊を連れて逃げることを選んだが、サーセイは引き止めない。

サーセイは北部の中立を条件に、北の王とは休戦に応じると言うが、ジョンは自分はすでにデナーリスに忠誠を誓っているので二人の女王に仕えることはできないと正直に話し、サーセイを怒らせ協議は決裂する。

ティリオンからは正直さに呆れられ、デナーリスからは忠誠には感謝するけど休戦ができないのならドラゴンも無駄死になってしまうと言われ、ジョンは自分の言動を詫びた。その後ティリオンは一人きりでサーセイを説得しに向かう。

サーセイの部屋へ迎えられたティリオンは姉にこの場で殺されることも覚悟していたが、サーセイは父親を殺し、自分の子供たちを死に追いやったことを責めたものの、弟を殺さなかった。ティリオンはサーセイの振る舞いから妊娠していることに気づき、説得に成功すると再び話し合いの場へと戻らせる。戻ってきたサーセイは休戦に応じ、自軍も共に戦うと宣言した。

デナーリスらが去った後、ジェイミーは城内で早速作戦を練っていた。サーセイは兵士を下がらせジェイミーと二人きりになると、自軍を出すつもりがないことを明かす。休戦の約束を守るつもりはなく、そしてユーロンが逃げ戻ったことは嘘であり、本当は鉄の銀行からの金で買った黄金兵団をエッソスへ向かいに行ったのだと話した。サーセイがデナーリスとの約束を守らないこと、そしてユーロンと画策していたことに失望したジェイミーは王都から馬に乗ってひとりで旅立つ。その頃王都にも雪が降り始めていた。


北部編集

リトル・フィンガーは姉妹の仲を決裂させようと企み、サンサ・スタークアリア・スタークの望みは城主だと思い込ませる。サンサは兵が並んだ大広間へとアリアを呼び出し罪状を読み上げると、一転して罪人としてリトルフィンガーの名を呼んだ。ブランの力により、ライサ・タリー殺し、への裏切り、アリアとの不和を画策などこれまでの悪事が明かされ、姉妹はこの時がくるまで騙されたフリをしていたのだった。リトルフィンガーは言い訳を繰り返すが、アリアに首を切られ処刑される。

シタデル“知識の城”からサムウェル・ターリーが到着し、ブランを訪ねてくる。ブランは壁の向こうへ送ってくれたことの礼を伝え、今は三つ目の鴉になって過去が見えることや自分が持つ力について話した。そしてジョンがレイガー・ターガリエンリアナ・スタークの間に生まれた落とし子であることを明かす。それは聞いたサムはレイガーが婚姻を無効にしていたことを思い出して伝えると、ブランはレイガーとリアナの結婚式を幻視して、ジョンの名がエイゴン・ターガリエンであり、落とし子ではなく正統な鉄の王座の後継者であることがわかる。

ドラゴンストーン編集

デナーリスらは、これからの戦いについて軍議をしていた。北部に向かう際に、ジョラー・モーモントはターガリエン家への反発を危惧しデナーリスはドラゴンで向かうことを提案するが、ジョンは北部の支持を得るためにも船で行くべきではと意見する。デナーリスはジョンの案に採用し、船でホワイトハーバーへ向かうことを決める。

シオン・グレイジョイがジョンに話をしたい、と引き止める。

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

狭い海編集

北部へ向かう船で、ジョンはデナーリスの部屋を訪れて、ついに愛し合う。その時部屋の外にはティリオンが立っていた。

壁の向こう編集

トアマンドベリック・ドンダリオンが壁の見張り台から、壁のすぐ下まで死の軍団が迫っているのに気づく。急いで皆に逃げろと警告するが、夜の王が蘇らせたヴィセーリオンに乗って現れると、壁を炎で破壊する。崩れた壁を越えて、死の軍団は南へと進む。


新キャラクター&死亡キャラクター編集

初登場編集

死亡編集

登場人物編集

メイン編集

ゲスト編集

場所編集

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。