FANDOM


DC Zc1-UAAAKZ4I
WARNING!
この記事には シーズン7 のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください



この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
シーズン7第5話についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!



Eastwatch」(イーストウォッチ)はシーズン7の第四話。2017年8月13日(日本14日)に放送。脚本はデイヴィッド・ベニオフと デイブ・ヒル、監督はマット・シャクマンが務めた。

あらすじ編集

ハイランドからの帰途編集

ドラゴンの炎に焼かれそうになったところをブロンに助けられたジェイミー・ラニスター。落ちた川からブロンに抱えられながら岸辺へとたどり着く。ブロンは助けたのはまだ褒美をもらってないからだと、無茶をしたジェイミーを諌めた。ジェイミーは焼かれた戦場を見つめ、ドラゴンの強さに自分たちは敵わないと思い知る。

同じ頃デナーリス・ターガリエンに敗北したラニスター家とターリー家の兵士たちは、デナーリスとドラゴンの前に囚われていた。兵士たちの前でデナーリスは、サーセイが広めた「王都を焼いて、殺しにやってきた」という自身の噂を否定し、それこそがサーセイがやっていることであり自分の目的は殺戮ではないと伝える。自分に従うか、拒否して死ぬか、選択肢を与える。一部の者だけがひざまつくが、ドラゴンが吠えるとほとんどの者がひざまついた。立ち続けるランディル・ターリーティリオン・ラニスターは考えを改めるよう提案する。ティリオンは壁に送ることをデナーリスに願うが、ランディル自らが拒否した。連れていかれようとする父に続きディコン・ターリーも自ら処刑を望む。ドラゴンの前に出された二人はデナーリスの合図で炎に焼かれ一瞬にして灰になる。その直後全ての兵士たちがひざまつく。

キングスランディング編集

城に戻ったジェイミーはサーセイ・ラニスターの部屋へ戦況を伝えに向かった。失った兵士は金で傭兵を雇って解決しようとするサーセイにジェイミーはドラスク人の戦いぶり、ドラゴンには敵わないのだと負け戦になると説明するが、サーセイは和平をデナーリスが望むわけがないという。そしてオレナが死に際に明かした真実、ジョフリー・バラシオンを殺したと自白したことを伝え、サーセイがティリオンが犯人だと信じていたのは誤解だったのだと伝えた。 タイレル家のように自分たちもこのままいけば滅亡するとジェイミーが説得しようとすると、サーセイは「戦って死ぬか、服従して死ぬかよ、そのくらい分かる」と言い切った。

ティリオンはジェイミーに会うためダヴォス・シーワースとともに海岸へ忍び込む。 ティリオンは城へ、ダヴォスは蚤の底へそれぞれに向かう。

ブロンの仲介によりティリオンはジェイミーに会え、要求を伝える。一方ダヴォスは、蚤の底で刀鍛冶をしているジェンドリーを見つける。ダヴォスが連れて行きたいと伝えると、ジェンドリーはこの時を待って備えていたとすぐに出発する。

海岸で小船に乗ろうとすると、見回りに来た金マントがティリオンに気付くがジェンドリーがハンマーで倒し、難を免れる。

ジェイミーはサーセイにティリオンに会ったことを伝え、デナーリスからの提案を伝える。サーセイもまた全て知っていたこと、新たに妊娠していることを明かす。

ドラゴンストーン編集

ジョン・スノウは岸壁でドラゴンとデナーリスが戻って来るところが待っていた。着地して寄ってきたドラゴンにジョンは怯えながらも顔をなでると、ドラゴンも威嚇を止めて落ち着いていく。デナーリスはその光景を見て驚く。そこへドラスクの兵士がジョラー・モーモントを連れてやってくる。再び支仕えたいという申し出を快く受け入れる。ホワイト・ウォーカーと戦った歴史が描かれていた。デナーリスはドラゴンと自分の軍の協力が必要なら、忠誠を誓うことを再び持ちかけるが、ジョンは北部は南部の人間には従わないだろうと答えると、デナーリスは王が従えば、臣下も史違うはずだと指摘する。

城内でワインを飲む、ティリオンとヴァリス

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

ジョンは手紙を受け取り、ブランとアリア・スタークが生きていたことを知る。そしてホワイト・ウォーカーたちが近づいているという警告を受け、いますぐ帰ろうとする。デナーリスに援護を求めるが、自分が去ればサーセイが城を攻めにくると断られる。そこでティリオンはホワイト・ウォーカーが存在することをサーセイに認めさせることで休戦することが可能かもしれないと提案する。その方法は亡者を捕えて、サーセイに会わせるということ。ティリオンはジェイミーに話をつけることを請け負い、ジョンとジョラーは壁の北側に行くことを申し出る。

王都からダヴォスらとともに戻ったジェンドリーはロバート・バラシオンの落とし子だと自ら明かし、自分も任務に加えてほしいと申し出る。準備を終えたジョンたちを乗せた小船はイーストウォッチに向けて出発する。

北部編集

ブラン・スタークはカラスを使い、ホワイト・ウォーカーの大軍が壁に向かうのを幻視していた。夜の王に気づかれると元の体へと戻り、ウェスタロス中へ使い鴉を送る。

ジョンの不在に諸侯たちは不満を募らせ、サンサ・スタークを王にえらぶべきだったと言い始める者も出てきた。アリア・スタークは諸侯からのジョンへの侮辱を否定しなかったことなど、サンサの態度を指摘するが、サンサは団結するためには諸侯たちの機嫌を取ることも大事だと反論する。

アリアはリトル・フィンガーが小間使いの娘と密会したり、怪しげな動きをしていることに気づく。

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

イーストウォッチ編集

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

シタデル”知識の城編集

ブランからの警告を受け取ったメイスターたちは、会議を開いていた。しかしホワイト・ウォーカーの襲来を信じる者はなく、笑い話にしていた。同室で雑務をしていたサムウェル・ターリーは壁の向こうで生き延びたブランの話に耳を語るべきだと意見するが、アーチメイスター・エブローズらはサムの話が真実かもしれないしデナーリスの罠かもしれないと行動を起こさない。

耳を傾けようとしないメイスターたちにうんざりしたサムは、書庫から本を持ち出してついに城を飛び出す。


新キャラクター&死亡キャラクター編集

初登場編集

死亡編集

登場人物編集

メイン編集

ゲスト編集


場所編集

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。