FANDOM


DC Zc1-UAAAKZ4I
WARNING!
この記事には シーズン7 のネタバレが含まれています。まだ番組を見ていない方などご注意ください



この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
シーズン7第4話についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!



The Spoils of War」(戦利品)はシーズン7の第四話。2017年8月6日(日本7日)に放送。脚本はデイヴィッド・ベニオフと D・B・ワイス、監督はマット・シャックマンが務めた。

あらすじ編集

北部編集

リトル・フィンガーブラン・スタークにヴァリリア鋼の短剣を渡す。短剣はかつて何者かがブランを暗殺しようと際に使われたものだった。リトル・フィンガーは気遣った態度をみせてブランへ近づこうとするが、ブランがリトル・フィンガーがかつてヴァリスに言った言葉「Chaos is a ladder」と呟くと驚愕する。

リトル・フィンガーが部屋から去ったあと、ミーラ・リードが別れの挨拶をしにやってくる。 長旅をし、ブランを命を懸けて助けたにも関わらず、あっさりとした感謝の言葉だけだったブランに対しミーラは怒る。しかしブランは自分はもう本来のブラン・スタークではないのだと虚ろな表情で話し、ミーラはあの洞窟でブランは死んでしまったのだと、泣きながら去っていく。

ちょうどその頃、ウィンターフェルの城門にアリア・スタークが到着する。偽物だと決めつける門番たちは通そうしなかったが、もし本物ならサンサ・スタークに罰せられると脅され、アリアを連れていく。城内に入るとアリアは姿を消し、門番たちがそのことをサンサに伝えに行くと、「どこに行ったかは知っている」と答え、二人は笑いあう。お互いに離れていたこれまでの道が幸せなものではなかったと告白し、もう一度抱き合った。サンサはブランも戻ってきていることを伝える。

ネッドの墓の前でサンサはアリアを見つけ、二人は抱き合う。アリアはサンサがジョフリー・バラシオンを殺したのか?と尋ねると、そうしたかったが自分ではないと答えた。アリアはジョフリーが、彼女の(殺害)リストのいつも一番上にいたことを明かす。

サンサはアリアをブランの元へ連れていく。アリアはブランを抱きしめるが、ブランは驚く様子もない。なぜならブランは彼女が生きているのを幻視して知っていたから。アリアは混乱するが、サンサがブランの能力を説明する。ブランはアリアがキングランディングへ行くかと思っていたと告げると、サンサはなぜ?と尋ねる。アリアとブランは揃って、サーセイがリストに残っているからと答えた。

ブランがヴァリリア鋼の短剣を持っていること二人は気付いた。リトル・フィンガーからもらったと明かすと、サンサは彼は見返りなしに絶対に贈り物をしないと信頼していないことを表した。ブランは欲しくもないから意味のないこと、とアリアへ短剣を渡す。

城内ではブライエニーが剣の稽古をしていた。部下に対し圧倒的な強さを見せていたところに、アリアが現れる。アリアは稽古をしたいと言い、ニードルと短剣で挑む。二人は互角の戦いをし、最後にはアリアが勝利した。見事な腕前にブライエニーは誰かttら教わったのかと尋ねると、アリア「誰もいない」と答えた。二人の様子をリトル・フィンガーと眺めていたサンサはアリアのあまりの強さに驚く。

キングスランディング編集

鉄の銀行ティコ・ネストリスサーセイ・ラニスターがすべての借金を返済できる手腕を、父親以上だと褒め称える。金貨はハイガーデン城から運ばれてくる予定だ。サーセイが陸軍、水軍を拡張してこの大陸すべてを支配したいという望みを伝えると、ネストリスは金さえ戻れば協力すると微笑む。

ドラゴンストーン編集

デナーリス・ターガリエンミッサンディと共に砂浜へ下る道を歩いていた。ミッサンディはグレイ・ワームの安否を心配していた。彼らはまだキャスタリーロック城で、穢れなき軍団の船が壊滅されたことを知らない。デナーリスが二人の間に何かあるのかと尋ねると、ミッサンディは「たくさん」と微笑む。

砂浜へ辿り着くとジョン・スノウが待っていた。デナーリスらをドラゴングラスの発掘現場へと案内する。そこには遠い昔の壁画が残されていて、かつて人間と森の子らが協力してホワイト・ウォーカーと戦った歴史が描かれていた。デナーリスはドラゴンと自分の軍の協力が必要なら、忠誠を誓うことを再び持ちかけるが、ジョンは北部は南部の人間には従わないだろうと答えると、デナーリスは王が従えば、臣下も史違うはずだと指摘する。

洞窟から出ると、ティリオン・ラニスターヴァリスが待っていて、キャスタリーロック城の作戦が失敗したこと、ハイガーデンが陥落したことを伝える。デナーリスは怒り、参謀であるティリオンを責め、自分の家族に心を傾けているのではないかと詰った。ドラゴンとドラスキを引き連れキングス・ランディングを攻めると言い、ジョンに助言を求める。ジョンのアドバイスでデナーリスはキングスランディングではなく、ハイガーデンのラニスター軍を襲うことを決める。

砂浜には生き延びたシオン・グレイジョイを乗せた船が一隻戻ってくる。シオンを見つけたジョンは怒りで緊張した面持ちになる。岸辺についたシオンがサンサの安否を尋ねると、ジョンはシオンの胸ぐらをつかみ「殺さないのは、サンサを助けたことだけが理由だ」と言い、立ち去った。シオンはヤーラを助けてほしいとデナーリスに頼むが、デナーリスは何も言わずに去っていく。


ハイランド編集

ラニスター家ターリー軍の軍はハイガーデン城を落とし、ジェイミー・ラニスターは、ランディル・ターリーディコン・ターリーらと戦利品や食料をを積み王都へ引き返す道のりにいた。勝利にも関わらず、浮かない表情であることをブロンが指摘される。ブロンはこの勝利の褒美にハイガーデン城がほしいというが、ジェイミーから「デナーリスがすぐに奪いにくるぞ」、「欲張ると首が締まるぞ」とさとされる。

隊がキングスランディングへと進むなか、ジェイミーとブロンは雷鳴のような音に気づく。すぐに軍へ隊形を組むように指令するが、馬に乗ったドラスキの大軍とデナーリスを乗せたドラゴンの急襲により、瞬く間に兵士たちは倒れ、炎で焼け焦げていく。

絶対的に不利な形勢のなか、ジェイミーはブロンにスコーピオンで反撃するよう向かわせる。ブロンは攻撃を受けながらもなんとかたどり着くと、スコーピオンを準備し空を飛ぶドラゴンを目掛けて矢を放った。デナーリスを乗せたドラゴンに矢が命中し地上に落ちると、ジェイミーはデナーリスを殺せるチャンスを見逃せず馬を走らせた。ジェイミーがデナーリスに近づいたとき、それに気付いたドラゴンから火が放たれる。そのときブロンが横からジェイミーを突き飛ばし、二人とも川へ落ちる。鎧を着ていたジェイミーは沈んでいく。

新キャラクター&死亡キャラクター編集

初登場編集

死亡編集

登場人物編集

メイン編集

ゲスト編集

場所編集

Editicon
このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki