FANDOM


この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
シーズン5第6話「父の仇」についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!


「父の仇」はシーズン5の第六話。

あらすじ編集

【ミーリーン付近】 石男に腕を捕まれ感染してしまったジョラー。ずっと文句を言い続けるティリオンに苛立ちます。 会話の中からジョラーの父が自分が率いていた仲間に殺されたことを知りショックを受けます。

船を失った2人は歩いてミーリーンを目指します。 遠くからミーリーンを見ていると船を発見し、奴隷商人の船だと気づき隠れますが既に遅く、奴隷商人に捕まってしまいます。

ジョラーは大きな指輪をはめた奴隷商人に殴れらます。

そして奴隷商人はティリオンを殺そうとします。 その上、ドワーフの性器を持っているといいという噂から、ティリオンの性器を切り落とすように指示します。

慌てたティリオンはジョラーを凄い戦士だと誇張して話し、自分たちを生かして闘技場に連れて行けば大儲けできると説得し、なんとか殺されずにすみました。

【ウォーター・ガーデン】 ウォーター・ガーデンに到着したジェイミーとブロン。 早速、ミアセラを見つけます。 しかし、彼女は婚約者とキスをしていたのです。既に心を通わせ合っている二人の元へジェイミーが登場。 一緒に来るよう彼女を説得しようとしますが、婚約者はジェイミーが秘密裏に潜り込んでいることに気づきます。 ブロンが馬鹿なことはするなよと婚約者を脅しますが、婚約者は戦闘体制をとったのでブロンが殴ります。 倒れ込んだ婚約者を心配し、彼を傷つけたと怒るミアセラ。 時間がないのでとにかく彼女を連れ出そうとしている時に、オベロンの落とし子3人が登場。 母の意思通り、父の敵のためにミアセラを連れ去ろうとします。 ムチや槍を使い、ブロンと激戦を繰り広げる中、落とし子の1人がミアセラをさらっていきます。 そこにウォーター・ガーデンの警備が登場。誘拐は防げましたが、同時にジェイミーとブロンも捉えられてしまうのでした。

【キングスランディング】 ベイリッシュはキングスランディングに到着し、道でランセルに会います。物々しい雰囲気でキングスランディングは前とは違うということを脅されます。 ベイリッシュは怯むことなく、キングの母に呼び出されているので行かなくてはいけないと言って進みます。 サーシーに会ったベイリッシュは、彼がサーシーを助けることができるといい軍隊について進言します。 しかし、サーシーはベイリッシュが今まで会計などをしてはきたが、軍隊について進言できる経験がないとバカにします。 ベイリッシュはサンサについて、彼女は生きていてウィンターフェルでボルトンの息子と結婚する予定になっていると話します。 彼は情報をたくさん持ってることなど、自分の力をサーシーに見せ、彼女を助けることができるとアピールします。 サーシーがその代償は何かと聞くと、ベイリッシュは北部の総督にしてくれといいます。

マージェリーからロラスが捕まったことについて相談されたオレナ。 もちろん納得いきません。クイーンの兄を捕まえるとはどういうことか、サーシーが企んだに決まっていると言って、 サーシーに抗議に行きます。 サーシーは書物をしていて、オレナを軽くあしらった態度を取ります。オレナはサーシーに手を止めるように言いますが、 サーシーは書き続けます。 オレナはタイリンのことは信用していなかったが、彼は愚かではなかったと評価している話をし、サーシーの言動をたしなめます。しかし、サーシーは自分がやったことではなく正教がしたことだと言ってオレナを取り合わないのでした。

ハイ・スパローの尋問が始まり、ロラスに質問が浴びせられます。 レンリーについて聞かれ、以前仕えて王だと答えると、彼と寝たことはないかと聞かれ、ないと応えます。 ジョフェリーへの忠誠心について、城を守ったとアピールしますがその時はレンリーに仕えていたときの装備をしていたと言い返されます。 男性と寝たことはないかという質問にないと答え、彼への尋問が終わります。 オレナが以上ですねと言ってマージェリーと3人で帰ろうとすると、ハイ・スパローは呼び止めます。 マージェリーにも尋問があるというのです。 マージェリーは自分はクイーンだと主張しますが、ハイ・スパローはあなたはクイーンですと言い尋問を受けるように言います。 納得がいかないまま尋問を受けるマージェリー。 ロラスが男色でないと話をしマージェリーの尋問はあっさりと終了。 そこに呼び出されたのは男娼のオリバー。 ロラスがまずい!という顔をします。 ハイ・スパローの尋問に対してオリバーは、ロラスを知っている、何度も彼と寝た、その証拠に彼の体にあるアザの形を知っていると言います。 ロラスはオリバーに嘘つきだ!と叫びますが、ロラスは連れて行かれます。 マージェリーは怒ってロラスを戻すよう叫びます。そこでオリバーはマージェリーはロラスと自分の関係を知っていたというのです。 2人が寝ている時に部屋に入ってきて、驚きもしなかったと言い、マージェリーも尋問で嘘を付いたということでとらわれていきます。連れて行かれている最中、何度もトメンに助けを求めますが、気弱なトメンはどうしていいのかわからず、何も言わないのでした。

【海の向こう】 死体を綺麗にする仕事をするアリア。 その死体がどうなるのかが気になり、扉の隙間に近づくアリア。 ドアを締めアリアを睨みつける女性。アリアはその女性に死体はどうなるのか聞きます。死体を綺麗にする仕事をずっとやっているが何が修行なのか、わけがわからず怒りを表すアリア。 そしてその女性に「あなたは何者?」と聞かれ、「何者でもない」と答えますが、その女性に仕事に戻るように言われ、納得がいかないアリア。 「あなたは何者なの!?」と聞き返すと、彼女は自分が北のいい家の出身で、母親が幼いころに亡くなった。継母を迎えたが、彼女に娘が生まれ、継母が自分を殺そうとしたためにここに来たというのです。 アリアが黙々と聞いていると「あなたは私が言ったことを信じるの?」と言われ、わけがわからないアリア。そして仕事に戻るように言われ、また死体を綺麗にするのでした。 夜、眠っているとジャクエンが部屋にやってきて「お前は何者?」と質問します。「アリア。ウィンターフェル出身でネッドスタークの娘。父は戦いで死んだ。」と答え、「嘘つき」とムチで打たれます。 幾つもの質問を受け、答えが違うと嘘つきとムチで打たれます。 最後に「マウンテンが嫌い」と答えた時に、嘘つきと打たれ、「嘘じゃない!!嫌いだ!!!」と叫びますが、何度もムチで打たれます。 怒ったアリアはこんなバカげた修行はもうやめる!!!と言いますが、やめることは出来ないと言われます。

別の日、アリアが床掃除をしていると、父娘がやってきます。 父はアリアに娘が病気で、街中の病院に連れていき、持っている全てのお金を使ったが治らないと話します。 アリアは娘に近づき、昔は自分もあなたのように病気だった。父は自分を愛していて決して諦めなかった、あなたの父のように。そしてここに来てこの水を飲み、元気になったのだ。と言い、毒の入った水を彼女に飲ませるのでした。 彼女の死体を綺麗にしようとしていると、ジャクエンがやってきて、アリアを死体が運ばれていく先に連れて行きます。 そこには大量の顔が並んでいて、ジャクエンはアリアに「お前は何者でもないものになる準備はできていないが、誰かになる準備はできている」と告げるのでした。

【ウィンターフェル】 ミランダがサンサの部屋にやってきてラムジーからお風呂に入るのを手伝うように言われたという。 サンサを洗いながらラムジーはいろんな女性と関係を持っていて、飽きやすいという話をする。 サンサはミランダがラムジーを好きで嫉妬から言っていることだと気づき、「あなたはいつからラムジーを好きなの?私はウィンターフェルの領主の娘サンサ。ここは私の街なの。」と話し、ミランダは部屋を出て行きます。 サンサの髪の色がオレンジに戻りました。 結婚式のエスコートのためにシオンがサンサを迎えに来ます。 サンサはシオンと腕を組むのを拒否します。シオンはラムジーから罰を受けるから腕を組むようお願いしますが、サンサはシオンが何をされるかなど気にしないと言って拒否し続けます。 結婚式でミランダは辛い表情をしています。結婚の誓いをし結婚式は無事に終わります。

ラムジーの部屋にシオンと3人で行き、ラムジーはサンサに処女なのかと確認します。サンサはティリオンと結婚したけれどティリオンは優しくてサンサに手を出さなかったといいますが、ラムジーはサンサに服を脱げと言います。 そして部屋を去ろうとするシオンに、部屋に残り見ていろと命令します。命令に従い部屋に残り顔を伏せていると、 ラムジーに見ろと言ったはずだ!と顔を上げるように言われます。 幼い頃からよく知っているサンサが大人になる姿を見ていろと言います。 サンサはいやいやゆっくりと服を脱ぎ始めますが、ラムジーに服を破られ乱暴に抱かれるのです。 そして、その姿を涙をためながら見つめるシオン。

登場人物編集

(あなたの編集待ってます!)

場所編集

(あなたの編集待ってます!)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki