FANDOM


クレゲイン家
House-Clegane-Main-Shield
Sigil
黄色の野原にいる3頭の黒い犬
Words
Titles
{{{Titles}}}
Seat
クレゲイン城
Region
西部
Lord
サンダー・クレゲイン
Heir
なし
Allegiance
ラニスター家
Vassals
Religion
{{{Religion}}}
Military strength
{{{Military}}}
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
Founder
クレゲイン
Ancestral weapon
{{{Weapon}}}
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"クレゲイン家は死んだ子供たちの基につくられている。鉄の玉座の前に、子供たちがエイゴン王子とレイニス王女のそばに横たわっているのを見た。"
ミアのソロス

クレゲイン城のクレゲイン家は臣下の家で、キャスタリーロックラニスター家に忠誠を誓っている。彼らの領土はキャスタリーロック南東部と小さい土地一画と質素な家で成り立っている。彼らは貴族の家ばかりというよりは騎士が多く住んでいるが、ラニスターと強いつながりを持っている。 最近の家長はグレガー・クレゲインで、“乗馬の山“で知られており、弟はサンダー・クレゲインといい、”猟犬“で知られている。 クレゲインの印は3頭の黒い犬と深黄の背景である。3頭の犬はタイトス・ラニスターを襲った雄ライオンを撃退するために死んでしまった3頭の犬を意味している。

歴史編集

背景編集

クレゲイン家の創業はグレガーとサンダーの祖父で、キャスタリーロックの犬舎の主人として仕えていた。タイトス・ラニスター卿と小旅行に同行したとき、雄ライオンに襲われた。彼は主人を救出し、その時3頭の犬と足一本をなくし、彼の行動を称して土地と肩書を与えられた。


シーズン1編集

グレガーは国王の馬上試合に出ている。クレゲイン家の旗を馬上試合で掲げている。谷間(ヴェイル)のヒューが対戦相手だ。グレゴーはヒューの首を槍でバラバラに裂き、刺して殺す。ロラス・タイレルと戦い、馬から落とす。彼の雄馬がわざと盛りのついたロラスの雌馬に邪魔されたため彼は激怒した。グレガーは彼の刀を要求し、彼自身の馬を殺し、それからロラスを攻撃した。サンダーはロラスを救うため、攻撃を仲裁し、血が流れる前にロバート王が戦いを終わらせた。


人物編集

  • (最初のクレゲイン)キャスタリーロックの犬舎の主人はタイトス卿の命を救った後爵位を挙げた。
    • (彼の息子)グレガーとサンダーの父親は、“猟の事故”でグレガー自身に殺されたという噂がある。
    • サーグレゴークレゲインは“山”あるいは“乗馬の山”と呼ばれ、タイウィン・ラニスター卿に仕える地主騎士である。最近は君主の土地に帰ってきた。オベリン・マーテルの決闘にてひどくけがをし、クァイバーンによって死の寸前で助けられた。現在、王の警護のメンバーである。
    • サンダークレゲインは“猟犬”と呼ばれ、グレガーの弟であり後継者である。元ジョフリー・バラシオン王に忠誠を誓った保護であり、王の警護のメンバーである。彼はアリア・スタークと一緒にリヴァーランド(ツインズ城の近く)にいる。タースのブライエニーにひどくけがをさせられ、アリアに見殺しにされたが、助かりけがを治した。現在旗標なき兄弟団にいる。

(身分不明の娘)サンダーがまだ幼いときに亡くなり、彼は全く覚えていない。グレガー自身に殺されたとの噂もある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。