FANDOM


この記事は手直しを必要としています!

この記事には改善できる箇所があります。訂正・追加すべきところを発見したら、編集をクリックして、あなたの力で記事をあるべき形へと導いてください!



クレイ・サーウィンはシーズン6に登場する人物で、トム・ヴァレイが演じる。「The Winds of Winter」で初登場する。

人物編集

サーウィン家は北部の諸侯であり、クレイは父の死後、新たなサーウィン公となった。

経歴編集

シーズン5編集

ルース・ボルトンが北部総督となった後、ラムジー・ボルトンがサーウィンに税の支払いを要求しに来る。だがメッジャー公は裏切り者であるボルトン家を非難し、税の支払いを拒否する。そこでラムジーはメッジャー公とその妻、さらに弟の皮を剥いで殺す。家族が惨殺されるのを見せられたクレイはラムジーに税を払う。

シーズン6編集

ジョン・スノウがウィンターフェルの戦いでボルトンを打ち破った後、新たなサーウィン公なったクレイは他の諸侯たちと共にウィンターフェルに集まる。リアナ・モーモントは父親が皮を剥がれて殺害されたにも関わらずボルトンと戦わなかったクレイを批判する。リアナや諸侯たちがジョン・スノウを北の王として祭り上げた時、クレイもそれに賛同する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki