FANDOM


クァイバーンは違法な人体実験を行った罪で学鎖を剥奪された元メイスター。サーセイ・ラニスターに使えるようになってから、ヴァリスの代役となって小評議会に加わった。サーセイが七王国の女王を宣言してからは、「女王の手」となった。

生い立ち 編集

もともとはシタデルの学匠であったが、違法な人体実験をしたかどで学匠の証である学鎖をはく奪された。

シーズン3 編集

理由は不明だが、シーズン3でロブ・スタークハレンの巨城に入場したとき、傷ついた姿で発見され救助された。

その後、ハレンの巨城に駐留したルース・ボルトンの下で、右手を失い捕虜として連れてこられたジェイミー・ラニスターを治療した。その後、ジェイミー・ラニスタに付き添ってキングズランディングへ向かった。

シーズン4 編集

クァイバーンはオベリン・マーテルとの決闘で負傷したマウンテンことグレガー・クレゲインを人造人間に改造することに着手する。

シーズン6 編集

クァイバーンはグランド・マイスター・パイセルを殺害し、女王となったサーセイの「女王の手」となる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki