Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

キャスタリーロック

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


"私の父は真の戦いに勝利し、レイガー王子を殺した!そして、王冠を奪ったのだ…貴方がキャスタリーロックに隠れている間にな!"
ジョフリー・バラシオンからタイウィン・ラニスターへ

キャスタリーロックはラニスター家の先祖伝来の居城である。ウェスタロスの西沿岸部のサンセット・シーを見渡す高台の上に位置し、大都市ラニスポートを見下ろす。キャスタリーロックの地下には主要な金鉱があり、国内最大規模の金の産出しラニスター家に富の源泉となっている。

ラン利発王はキャスタリー家からキャスタリーロックをだまし取った。伝承では、元来この城は岩の王国の王キャスタリー家が所有していた。数千年前の英雄の時代に、キャスタリー家は、ラニスター家の先祖で希代の策略家ラン利発王に欺かれて磐城を譲り渡した。


主要な場所編集

重要な住人編集

  •  タイウィン・ラニスター、キャスタリーロックの領主、西部総督、ウェスターランドの最高権力者、ラニスター家の頭首。実子ティリオンに矢を打たれ死亡する。

シーズン1編集

王の手ジョン・アリンの死後、サーセイ女王はアリン公が彼女の子供たちが近親相姦で産まれたという真実を話したのではないかと心配する。彼女の弟で愛人のジェイミー・ラニスターサーセイ・ラニスターは気にし過ぎだと言い、サーセイはジェイミーが7歳でキャスタリーロックの崖から飛び降りた時と変わらず思慮が足りないと言い返す。 ウィンターフェル城で、ジェイミー・ラニスターは、弟ティリオンがキングズ・ランディングに帰る前に壁を訪れるつもりだと知り、冗談でナイツ・ウォッチになるのかと聞く。ティリオンは、自分が禁欲主義になれば、ドーンからキャスタリーロックまでの売春婦たちが生活に困るので、ただ壁に行ってみたいだけだと説明する。後に、壁までの道中、ティリオンはジョン・スノウと話し、小人の自分が赤子の時に死ななかったのは、百姓の家ではなくキャスタリーロックのラニスター家に生まれたからだと説く。 弟のティリオンがキャトリン・スタークに拉致されたと聞き、ジェイミーはキングズ・ランディングの街頭でエダード・スタークを襲撃し、従者の多くを殺害する。一方、ウィンターフェル城ではシオン・グレイジョイが激怒し、報復としてジェイミー・ラニスターが襲撃後に逃亡した先のキャスタリーロックに進軍するようにロブ・スタークを説得する。しかし、ロブは断る。レッド・キープでは、エダード公はサー・グレガー・クレゲインがリヴァーランドで狼藉を働いていることを知る。クレゲインがタイウィン・ラニスターの命令しか聞かないという認識から、エダード公はクレゲインが犯罪者であると宣言し、上級学匠パイセルにキャスタリーロックに、タイウィン・ラニスターはキングズ・ランディングに来てクレゲインの罪について答弁せよ、もしも2週間のうちにキャスタリーロックを出発しキングズ・ランディングに到着しなければ、裏切り者を明らかにすると使い鴉を飛ばすように命ずる。 ティリオン・ラニスターは山の民にタイウィンを「父君は、ラニスター家のタイトスの子息、キャスタリーロックの領主にして、西部総督である」と紹介し新兵を募る。同様に、キングズ・ランディングでタイウィンは王の手に任命されキャスタリーロックの領主にして、西部総督であると評される。 ジェイミー・ラニスターがウィスパリング・ウッドの戦いでロブ・スタークに捕まった時、ラニスター王家の旗手たちは軍議を行い、レオ・レフォードはスターク家を一気に攻めることはできないので、一旦キャスタリーロックに帰還し徴兵することを提案する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki