Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

ウィンターフェル

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
ウィンターフェルについてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!


"ウィンターフェルは私たちの故郷。アリアのものであり、ブランのものであり、リコンのもの。たとえ彼らがどこにいようとも、土地は私たち家族に属するもの。そのために、私たちは戦わなければならない"
サンサ・スタークからジョン・スノウ
Winterfell Pin.png

ウェスタロス大陸におけるウィンターフェルの位置

505 Bolton map 2.jpg

壁の決断」に登場したボルトン家の地図でウィンターフェルを確認できる

ウィンターフェルは北の王の座とされ、スターク家領主が民を治める巨大な城が北部の中心に置かれている。壁に囲まれて、小規模な神の森が存在しており、ジョン・スノウ王の下で北部の首都となっている。壁とキングズ・ランディングとを結ぶ、南に何千マイルも続く王の道に並んで城が建てられた。温泉の上にあることで、厳しい冬にも城は暖かく保たれている。城の地下には墓地があり、スターク王や歴代当主の遺体、先祖の歴史の記録が安置されている。城は、1000年以上も現存している。

シオン・グレイジョイが自軍に裏切られた際に、ラムジー・スノウは城に火を放った。城の木造部分は焼け落ちたが、石の核構造と閉じられた神々の森は無事であった。要塞ケイリンの陥落後、北方支配の土台とするためボルトン軍が城に移る。

歴史編集

背景編集

伝説によれば、8000年と、何世紀にもわたってウィンターフェル城を所有しているのはスターク家とされている。 エダード・スタークは、自身の父と兄が狂王に殺されたことを受け、ロバートの反乱において南部に参戦。戦争の終わりに、新妻キャトリン・タリー、幼い息子のロブ・スターク、そして戦争中に生まれた落とし子のジョン・スノウを連れてウィンターフェルに帰還する。8年後、グレイジョイの反乱にて政治的捕虜としてシオン・グレイジョイを連れ帰る。もしかすると、立派な青年に育てたいという思いもあったかもしれない。

シーズン1編集

王の手ジョン・アリンの死後、ロバート・バラシオン王が妻のサーセイ・ラニスター女王、ジョフリーミセアラトメンの3人の子供、王の楯の騎士でありサーセイの弟であるジェイミー・ラニスターともう一人の弟ティリオン・ラニスターを含め、大勢の従者を引き連れて、公式にウィンターフェルを訪問した。ロバートの主催で豪華な宴が催された。リアナ・スタークの墓を訪れたロバートは、エタード公に、新たな王の手としてキングズ・ランディングに戻り、二家の結束を固めるため娘のサンサ・スタークと王位継承者であるジョフリー王子を婚約させないかともちかける。

しかし、一行が去る前に、塔を登っていたブラン・スタークが偶然サーセイとその双子の弟ジェイミーの密会場面を見てしまい、塔の窓から突き落とされてしまう。

命は助かったが、ブランの脚は麻痺してしまう。エダード公は意志に反して、娘のサンサとアリアや従者と共に王の道を下ることになる。ジョン・スノウもまた、ティリオンに伴われ、壁にて冥夜の守り人に組するためウィンターフェルを離れる。ランスター家に送りこまれた暗殺者が、昏睡状態にあるブランを殺害しようとするが、キャトリンの反撃にあい、ブランの大狼サマーに殺された。キャトリンはエダード公に警告するべきと考え、ウィンターフェルは息子のロブ・スタークに任せて、ロドリック・カッセルと共にキングズ・ランディングを目指す。ティリオンと、冥夜の守り人の新兵募集係のヨーレンは壁を訪れた後に、南へ戻る道中でウィンターフェルに足を止める。ティリオンはロブに、ブランが足を使わずとも乗れる特別な鞍の使い方を教える。

キングズ・ランディングにてエダードが捕まったという知らせがロブの元に届く。北部全ての旗本を収集した軍を率いて南へ向かい、ウィンターフェルはブランに任されることとなった。末弟のリコン・スタークは、ロブらが二度と戻ってこないだろうという予知夢を見る。

シーズン2編集

(情報を追加してください)

シーズン3編集

(情報を追加してください)

シーズン4編集

(情報を追加してください)

シーズン5編集

(情報を追加してください)

シーズン6編集

(情報を追加してください)

関連画像編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki