Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

アンバー家

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
アンバー家
アンバー家
Sigil
暗赤色の地に4つの銀の鎖が中央にあるリングにつながっている。
Words
Titles
ラストハースの領主
Seat
ラストハース
Region
北部
Lord
スモール・ジョン・アンバー
Heir
不明
Allegiance
Vassals
Religion
{{{Religion}}}
Military strength
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
Founder
Ancestral weapon
{{{Weapon}}}
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"「我々はお前たち愚か者よりずっと上だ」"
スモール・ジョン・アンバ

ラストハースのアンバー家は、ウインターフェルのスターク家に忠実に仕えている家臣の家である。アンバー家の領地はスターク領のずっと北方、ナイツ・ウォッチが守る壁の南方である。本拠地はラストハースと呼ばれる城で、アンバー家の当主はラストハースの城主である。 アンバー家の紋章は背面が暗赤色で中央にあるリングに四つの鎖が繋がっている。標語はまだ不明。

歴史 編集

シーズン1編集

アンバー家は、五王の戦いではスターク家の味方につき、ロブ・スタークに北の王を戴冠せよと初めに提案したのはグレート・ジョン・アンバーである。

シーズン3編集

ブラン・スタークは弟リコンとオシャとシャギードッグをラストハースで避難所を探すために送り出した。アンバー家はスターク家の忠実な旗手であるからだった。

シーズン6編集

ボルトン家に忠誠を誓うことを拒んだが、スモール・ジョン・アンバーはラムジー・ボルトンに自由民との戦いに力を貸すよう頼んだ。自由民たちはジョン・スノウにより国土に侵入して来ており、ラストハースは壁に近接していた。同盟を結ぶためにスモール・ジョンはリコンとオシャをラムジーの捕虜として差し出し、主従の証拠としてシャギードッグの頭を差し出した。また、スモール・ジョンは父グレート・ジョンが死亡したと主張した。[3]


人物編集

  • グレート・ジョン
    • グレート・ジョン・アンバー、アンバー家の前当主
    • 領主(グレート・ジョン・アンバー)、前当主で五王の戦いで戦死。
    • スモール・ジョン・アンバー、グレート・ジョンの息子でラストハースの領主


本では編集

小説、氷と炎の歌の世界では、アンバー家はスターク家の忠実な家臣だったが、実際は力に敬意を表していた。アンバー家は強く、人生をとても楽しむ手強い戦士達である。しかし、一族の中にはファーストナイトの悪しき伝統を継承する評判の悪い人たちもいる。彼らの領土は壁に近く、時々ナイト・ウォッチの攻撃を逃れて来た野人の小隊の対応に苦慮している。アンバー家はウエスタロスの最北にある貴族の家で、イギリスのノーサンバーランド州、または中世のアングル人の王国ノーサンブリアにちなんで名づけられたとされる。 本のアンバー家の紋章はドラマとは異なっている。本では、鎖の輪の中にほえる巨人が描かれているが、ドラマではただの鎖である。偶然にもドラマのアンバー家の紋章と本でのロクストン家の紋章が似ている。それは、真っ青色を背景に中央にあるリングが4つの金の鎖でつながれている。テレビの物語では重複はほとんどなかったが、アンバー家の紋章は本と小説の両方で顕著に現れている一方で、ロクストン家(リーチ家出身の家族)はドラマには全然出ず、小説でもほとんど言及されていない。唯一、ロクストン家が登場したのはマーティンが公開した紋章のデザインの一覧だった(ロクストン家の人物は、前日譚小説に何人か登場している)。グレート・ジョンがロブの部隊に入ったとき、子どもたちと年寄りを除いてアンバー家のほとんどを部隊に連れていった。釁られた婚儀の後、、モース・アンバーと子供たちはボルトンに対抗するスタニスの部隊へ入った。その一方でホザー・アンバーと壮年の男たちは仕方なくボルトンの部隊へ参加した。それはグレート・ジョンがフレイ家に監禁されているからであった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki