Fandom

ゲームオブスローンズ Wiki

アリン家

211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
アリン家
アリン家
Sigil
青地に白い飛翔するハヤブサと三日月
Words
高きこと誉のごとく
Titles
高巣(アイリー)城公
山と谷間の守護者
東部総督
山と谷の王(征服戦争以前)
Seat
高巣(アイリー)城
Region
アリンの谷間
Lord
ロビン・アリン(事実上、蔵相のピーター・“リトルフィンガー”・ベイリッシュが実権を握っている。)
Heir
キングズ・ランディングのバラシオン家
Allegiance
{{{Allegiance}}}
Vassals
ロイス家
エゲン家
ハンター家
リンダリー家
ベイリッシュ家
Religion
Military strength
約30,000人
Cadet branches
{{{Cadets}}}
Date of founding
{{{Founding}}}
Age
約6000年(伝説に基づく)
Founder
ーティス・アリン
Ancestral weapon
{{{Weapon}}}
[[:Category:{{{Images}}}|Images]]
"アリン家は、狭い海を渡り、フィンガーズに侵略してきたアンダル人の子孫だ。"
キャトリン・スターク

高巣(アイリー)城のアリン家はウェスタロスの中でも、勢力が大きい一家の一つだ。もともと山と谷の王として、最近ではターガリエン王朝とロバート・バラシオン王の下、アリンの谷間の守護者、東部総督として、アリン家はアリンの谷間を千年にもわたって統治してきた。名目上の家主は、高巣城公のロビン・アリンであるが、成年に達するまで彼の叔父であるピーター・ベイリッシュが領主の役目を担っている。 アリン家の領地は、大陸の中央東部に位置する。もともと山の王の拠点であった高巣城を拠点とする。アリン家のシンボルは、青い背景に白い三日月とファルコンが描かれたものだ。標語は、「高きこと誉のごとく」である。 シリーズの初めに、不可解な状況下で城主ジョン・アリンは殺された。未亡人となったライサはラニスター家を責め立て、高巣城へ避難した。ライサはラニスター家に対する恨みを持っていたが、五王の戦いでも中立的な立場を保ち、必要であればヴェイルの力をロビンと高巣城を守るために使うことを狙った。ピーター・ベイリッシュは、ライサを殺し、あたかも事故死したよう画策した後、若きロビンが成年に達するまで、ヴェイルの領主となった。ピーターの統治下で、ヴェイルはついに戦争に突入し、北部のボルトン家打倒を狙う。

歴史編集

背景編集

伝説によると、一家は翼の騎士であったアーティス・アリンによって設立された。アーティスは巨大なハヤブサに乗って飛び、谷間の山の頂上に着陸し、最初の人々の最後の山の王であるグリフィンキングを倒したと言われている。後に、アーティスは高巣城を支配し、ヴェイルの最初の王となった。それ以来、アーティスの子孫がヴェイルを治め続けた。征服戦争の間、アリン家はターガリエンによる攻撃を、グルタウンでブラボス人による支援で撃退した。しかし、いつまでもターガリエン家を退けることはできないと判断し、最終的に和平交渉した。侵攻される代わりに、和平交渉したことで、鉄の玉座の名の下、アリン家は谷間の守護者、そして東部総督として統治し続けることを許された。高巣城は難攻不落で、月の山脈の山の民からアリン家を守るだろうと考えられていた。 直近のアリン家当主ジョン・アリンは、高巣城主で、東部総督であり谷間の守護者である。ジョンは気高く、エダード・スタークロバート・バラシオンの二人を育てた。狂王はエダードの姉でありロバートの婚約者であるリアナ・スタークの誘拐を企てた。狂王は、誘拐に反抗したとして、エダードの父と兄を殺した。そして狂王がエダードに王側につくよう要求したとき、アリン公は反逆し、彼の旗手たちに戦争を呼びかけた。スターク家とバラシオン家はそれに従った。反逆軍はエダードとキャトリン・タリー、年上のジョンと若きライサ・タリー二組の政略結婚を通して、タリー家と同盟を結んだ。 反逆軍の勝利の後、ロバートは王となり、ジョンを王の手として指名した。ジョンは王の手として、長年王国によく仕えた。ジョンはシリーズの出来事の前にすぐに死に、それがきっかけとなりロバート王が代わりを探すこととなった。ジョンは妻のライサと、6歳の息子であるロビンと生き残った。ジョンはサーセイ・ラニスター女王の子供の正当性を調査していた最中に死んだ。ジョンは、バラシオン家特有の黒い髪の毛の遺伝を元に、ロバートの私児の外見を比べることで、彼らがロバートの子息ではないことを知った。

シーズン1編集

ライサ・アリンは、ラニスター家はジョンの死の黒幕であると伝えるために、彼女の姉妹であるキャトリン・スタークに手紙を書いた。ライサは息子とともに、高巣城に避難すべく、キングズ・ランディングから逃れる。キャトリンが手紙を受け取ったとき、ロバート・バラシオンはエダードにジョンの代わりとなって王の手になることを頼むために、スターク家の拠点であるウィンターフェルを訪れていた。エダードは頼みを受け入れ、ジョンの死についての調査を始めた。エダードはジョンが毒を飲まされていたかもしれないことを知った。そしてエダードはジョンが知っていた、サーセイ・ラニスターの浮気と、ロバートに嫡子がいないという事実を暴いた。ロバートはジョフリー・バラシオンが実の子であると、未だに信じているのであった。 キャトリンの息子であるブラン・スタークは二度殺されそうになったが、生き延びた。キャトリンはティリオン・ラニスターを責め、捕まえた。キャトリンはティリオンをライサのために高巣城へ連れてきた。ライサはロビンを王国の全てから隔離し、自分の蔵相という立場を使って谷間の守護者にロビンを守らせようとした。ティリオンは、真相を皆に伝えるつもりである、という嘘をついてライサをだました。変わりに、ティリオンは裁判を要求し、裁判に勝ち、自由の身となった。 ロバート王は狩の際に傷を負い死んだ。エダードはジョフリーの王座に対して異論を唱えた際に、反逆罪として捕えられた。ライサははじめ、キャトリンにこの出来事を伝えなかった。キャトリンはスターク家の兵がキングズ・ランディングへ進行するため、ライサに兵を貸すよう頼んだ。ライサは協力を拒否し、キャトリンは高巣城を離れた。

シーズン2編集

ライサ夫人がスターク家タリー家の支援のため、自身の兵をヴェイルから離すことを拒否するなかで、アリン家は依然として五王の戦いでも中立を保った

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki